不思議な気分2013.9.14

告知を受けてから
フワフワしてる…。
いつも通りの仕事…
いつも通りの日常…
何にも変わっていない。
あの告知は夢なんじゃないかって思うほど。

でも右胸にはちゃんとシコリがあって
現実なんだと実感させられる。

日常過ぎる日常が
涙なんて忘れさせてくれるからある意味ありがたい。
何も知らないから普通に接することが出来る
仕事仲間、ママ友…
このまま話さない方がいいのか…
でもきっと黙ってることに耐えれなくなるのは私の方なのはわかってる。
だって根本的にしゃべちょ(おしゃべり)なんだもん(笑)

平気で私の逆鱗に触れてくる子供達…
落ち込んでる暇は母には無いのだ。


ガンになってショックはショックだけど
不思議と「何で私ばっかり」という感情には至らない。
「ばっかり」でないことを十分知っているから。
若くしてガンの手術をしてる人をたくさん知ってるから。
年齢を問わなければほぼ毎日のように
ガンの患者の手術を目の当たりにしてるから。

だから、自分も頑張ろうと思えるのかもね。

でも今になって言えることは
30代40代の患者さんが手術をするって聞くと
「まだ若いのに~」と驚いていた。
まさか自分がなるとは思って無かったから
ホント他人事…。
申し訳ないけど、その人の立場にたって看護するって言うけど、
所詮その人にはなれないんです。
だからどんなに親身になっても
どこか他人事だったのかも。
他人事だから親身になれるってのもあるかな~。

自分のことになっちゃうと
無理だね…思考回路停止しちゃうもん。

ブログ村に参加してます⇩
ポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]

by mokomoko212 | 2013-09-20 08:51 | 乳がん・気持ち | Comments(2)
Commented by 6_aug at 2013-09-22 12:50
わかる気がする 仕事でいろいろみてきたから
自分ばかり とは思わないけど
自分が こうなってみて 患者さんの気持ちに寄り添えていたか

結構傾聴はしてきたつもりだった
・・・・・・・・・んですけど

あの頃には戻れないけど もっとできたこと
あったんじゃないかなって思います

ちなみに 私 親友にはまだ言ってませんが
幼稚園のバス停のママ友たちには言いました
あと 子供たちにも・・・

みんなでガッツリ落ち込んで 毎日泣いて
些細なことで兄弟げんかして
私の逆鱗に触れて  という日常に戻って

「そんなに」イライラさせたらママの病気治んないよ!」
・・・なんて半分脅してみたり
(ホントに実現しちゃったらシャレになりませんが。。。)
もちろん 子供が後々気にするといけないので
「今のウソウソ」って 急いでフォローしたんですが
それでまた泣いて ・・・で
みんな揃って 最近ちょっと這い上がってきました(笑)

まだまだ乳がん1年生の新学期

moko☆さんは 私より前向きそうなので
そのパワー 見習いたいです!
(長々とすいません ^^;)
Commented by mokomoko212 at 2013-09-22 20:08
6_augさん☆
早速のコメントありがとうございます!
患者さんの立場にたって…ていう看護は正直難しいですよね!
きっと患者になってからの自分の方が
寄り添った看護が出来るのかもしれません。
でも、今は自分で精一杯って感じですけど(^_^;)

カミングアウト…どうするかホント悩みますね…。
今はまだ旦那と実家家族、職場だけの私…
この先カミングアウトしたことでどう環境が変わるのか…
不安に思うとキリが無いですね(>_<)

前向き…なのかな?
職場の人からも気丈だって言われました。
O型人間の「なるようになるさ」的な性格からなのかもw
落ち込むし泣くし、言いようもない不安にかられることもあるけど
寝て起きるとなるようになるしか無い!って
思えちゃうんですよね〜。

治療が始まって後ろ向き発言増えたり
愚痴もあるかもしれないですけどね(笑)
それも自分なんでw

ブログ村の皆さんのブログも元気になる要因ですよね〜!
このような場所を見つけれただけで自分は幸せだと思います☆
line

2児の母、同居嫁、オペナースをしているmoko☆です!2013年6月36歳で右胸にしこりを発見して乳がん告知。ステージ3cにて術前化学療法後、2014年4月手術施行し現在放射線治療も終わりホルモン療法中です。


by moko☆
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31