母入院継続中におきた不運…

実母の胆のう炎は点滴治療で順調に軽快しました。

きちんと患者に来ない…説明もしてくれない…などなど
あまり良い主治医では無かったんですが
幸い9月22日ころに異動となり
新しく主治医になった女医さんがきちんとした方だったので助かりました。

ただ、入院後からフラつきあるのに1人でトイレに行こうとしたり
危なっかしいなぁと思っていたんですが
本人にも1人でトイレ行かないようにとか
入院棟側も1人で行こうとするとナースコールがなるようなマットを敷いてくれたりしてたんですが
胆のう炎の腹痛がすっかり落ち着いてきていた
9月20日頃に急に腰痛を訴え
それまで歩いていたのに身体を動かす事すらままならなくなってしまったんです(>_<)

最初の主治医はレントゲン撮るわけでも無く
湿布で様子見させられてたんですが
女医さんになった途端、レントゲン撮って整形外科受診もしてくれて
受診後「腰椎圧迫骨折」が発覚( ̄◇ ̄;)

入院棟側は転倒の現場を見ていず…
本人も「家で転んだのかも」とあやふや…
(入院前から受傷してたら歩けませんから…!)
入院後の行動は危なっかしかったので
私的にはトイレ移動時に転んだんだろうと思ってますけど…。

整形外科の先生と話した末、
内科の方は落ち着いたので転科…
昨日部屋も整形外科の入院棟に転室しました。

内科の先生と違って
整形外科の先生とはコンタクト取りやすいので
いろいろと説明を聞いた結果
手術の方向になりそうな感じです…。

胆のう炎の方も胆石があるので
再発を考えると手術という事も考えられるんですが
とりあえず、今は腰を治す事が大事という事になりました。

手術となると母の不安も強く
高齢かつ脳梗塞後だったり基礎疾患もいろいろあるので
リスクも高く心配は心配なんですが…
寝たきりになられても困るので
筋力が衰えないうちに
手術を選択しなくちゃいけないだろうなと覚悟しています。

痛くて起きれないので
トイレにも行けずオムツに排泄…
食事も介助…

「早く1人でトイレに行って
1人で御飯食べてるようになりたい」

これが今の母の願いです。

極力、食事介助は出来る時に行くようにはしていますが
願いを叶えてあげれるように今は母のフォロー頑張ります!!

ブログ村参加してます⇩

b0303724_02545431.jpg

職場の産休中の子の家にお邪魔して
新生児に癒されて来ました☆

母入院は私的にも大変だけど
食事介助をしてそばにいて
いろんな話をしていると
母から「こんな風にゆっくり話したこと無かったね」と言われ
こういう時間を神様がくれたのかなと
前向きに思うようにしましたw

ポチッとしてくれると励みになります☆

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村
ありがとうございます(*^▽^*)


[PR]

by mokomoko212 | 2016-09-30 02:16 | 家族 | Comments(0)
line

2児の母、同居嫁、オペナースをしているmoko☆です!2013年6月36歳で右胸にしこりを発見して乳がん告知。ステージ3cにて術前化学療法後、2014年4月手術施行し現在放射線治療も終わりホルモン療法していましたが、2018年1月多発骨転移発覚!でも普通に生活しています!


by moko☆
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30